2015年3月 4日 (水)

図書館見学@国立看護大学

こんにちは。
読書マラソン推進委員のむらです。
久しぶりの更新は、本学の近くにある国立看護大学の図書館見学レポートです。

2月20日木曜日15時、訪問者の腕章をして、少し緊張しつつ午後の日が差し込む明るい館内へ。
看護大学図書館の職員の方に案内していただきながら、館内を見学させてもらいました。

看護大学なので看護や医療の専門書や雑誌など、本学では読むことのできない資料が充実していました。

カウンターで身分を証明できるものを提示し、必要書類を記入することによって、学外の方でも利用できます。
本学の図書館で作成してもらえる紹介状を持参・提示することでも利用できます。

館内には展示もあり、図書館の外にも新刊の案内があるなど、図書館に足を運びたくなる工夫がなされており、とても参考になりました。ありがとうございました(*^^*)

2014年6月17日 (火)

『英国一家、日本を食べる』


こんにちは、読書マラソン推進委員の佐藤です。
初めてのブログ更新なので、好きな本のことについてお話したいと思います。


私は「美味しそうな食事の描写がある」小説や「食べ物・食」について書かれたエッセイなどが好きです。
小説を読みながら登場する料理を想像し、食べてみたい!と思ったり、
出てくるメニューが物語の流れや登場人物の心情を表しているのかなと考えてみたり。
本を通して、色んな方の食へのこだわりなどを知るのも楽しいです。


そんな私が好きな本の中からある一冊を紹介してみたいと思います。

「英国一家、日本を食べる」著者:マイケル・ブース 制作:寺西のぶ子

昨年末に和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、
世界からも日本の食への関心が高まっているといいます。
この本はイギリスのフードジャーナリストである著者が、奥さんと子供二人を連れてやって来た日本で食べたもの、体験したことが綴られています。

一家は北海道から沖縄まで日本の各地を巡り、まさに「日本を食べ」ていきます。
それぞれの土地で形成された食文化を舌で感じ、さらに調理専門学校などを訪れて日本食の衰退といった問題とも向き合います。

一家が日本を巡る途中途中では、日本文化という未知との遭遇が待っています。
そのエピソードが時に冗談や皮肉も交えつつ語られているのも、
この本のページを次へ次へと捲らせる魅力のひとつだと思います。

この本を読んだことが、改めて日本各地で形成され受け継がれてきたローカルフードの魅力、
そして日本食の良さを見直すきっかけになりました。
読み終わった後、まず思いました。
『日本の美味しいごはんが食べたい!』


この本は社大図書館の選書ツアー図書のコーナーにあるので、
少しでも興味を持ったらぜひ、手にとって読んでみてください(*^^*)

2014年6月 6日 (金)

『モンスター』 

『モンスター』 

著者:百田尚樹  出版社:幻冬舎文庫 出版年:平成24415日初版発行

皆さん、こんにちは。読書マラソン推進委員会の趙です。久しぶりに一冊の本を紹介したいと思います。それは、百田尚樹氏の『モンスター』です。

主人公は幼い頃奇形的で醜かったため、周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々でした。ある事件を起こし、町を追われた主人公は、美容整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身しました。そして、生まれ育った故郷へ戻ってきました。ひとりの男のためでした…

 この小説は幼い頃、思春期の主人公のエピソードと現実とうまく絡まって表現しています。リアルに人間の心理まで描かれているところが魅力だと思います。幼い頃醜かった主人公の気持ち、そして美人になっていく主人公の心の変化、また、主人公と取り巻く男たちも個性的に書かれています。ラストは主人公にとってはハッピーエンドではないかと私は思いますが、皆さんはこの本はどう読むでしょうか。人それぞれ感じるものが違うと思いますが、きっと楽しめるものがあると思います。お勧めします。

2014年3月14日 (金)

卒業式

こんにちは。読書マラソン推進委員4年の光です。

今日は平成25年度卒業式・学位授与式でした!

華やかな袴姿やドレス姿、きっちりとしたスーツ姿の卒業生がたくさんいて、学内もいつもとは違う雰囲気で満たされていました。

4年生が受験した社会福祉士国家試験の合否も同じ日に発表だったので、式に出ながら結果どうなっただろう・・・と内心ドキドキしていましたね。

そして、読書マラソン推進委員第1期生である4年生達も、無事卒業の日を迎えることができました。

委員会関係でお世話になりました教員、図書館職員の皆様に、今日はお礼と挨拶を言うことができて良かったです。

4年間過ごした学び舎、そして図書館としばしの別れとなり、寂しくなりますが、こう思える程読書マラソン推進委員会の活動が大変有意義なものだったのだと改めて感じさせられます。

活動でお世話になりました教職員の皆様、これまで一緒に活動してくださった委員会の後輩達に、この場を借りてお礼を申し上げます。

今までありがとうございました。

この4年間での本との出会いと読書マラソン推進委員会で過ごした日々は、何物にも代えることのできない宝物です。

大学を卒業することとなりましたが、これからも何らかの形で読書マラソン推進委員会や読書活動自体に、関わっていきたいと思います!

2014年2月 9日 (日)

1月29日 4年生の送別会が行われました!

こんにちは、久しぶりのブログ更新ですね。

読書マラソン推進委員4年の光です。

社大の4年生は1月26日に社会福祉士国家試験を受験しました。私も4年生なので受けてきましたよー

各々その日まで過去問をやったり、参考書を読んだり、学校の国家試験対策講座に出席したり・・・勉強を行ってきたものだと思います。

社会福祉士国家試験は一つの関門の様なものだと思っていました。色々と感想はありますが、とりあえず試験が終了しほっとした気持ちです。

結果発表は卒業式と同じ3月14日なので、まだまだ心は休まりませんが・・・

さてここから本題ですが、

去る1月29日(水)に読書マラソン推進委員会4年生の送別会が行われました!

今の4年生は社大読書マラソン推進委員の第1期生にあたるので、委員会始まって初の送別会となります。

会場はいつもミーティングを行う図書館1階の会議室。

料理やケーキ、お菓子を持ち寄り、1、2、3、4年の委員と委員会の活動を支えて下さっている職員さんでおしゃべりしたり、食べたり、記念撮影を行ったり・・・その様な感じの送別会を行いました。

12人程参加したのですがそれ以上に料理の量が多く、皆さんおなかいっぱいになったそうです。ピザにからあげ、お寿司、ケーキ、クッキーにペコちゃんのほっぺ、ポッキー等たくさんの種類の食べ物があったんですよー

プレゼントや寄せ書きも頂き、この様な形で送ってもらえて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に、委員として活動を続けてきて良かったなあと改めて感じさせられました!委員も増え、4年生同士で「最初はこんなに活動が活発になって、委員も増えて、送迎会を行ってもらえるなんて想像もつかなかったよねー」なんていう話もしていました

それにしても、大学4年間は本当に、あっという間ですね。

読書マラソン推進委員会は今から3年前、私が大学2年生の時に活動が始まりました。

色々な経緯でそれぞれ委員会に入ることを決めたものだと思いますが・・・私の場合、図書館にいた時、図書館職員さんに「入ってみない?」と誘われたことがきっかけです。本も図書館も好きだし、入ってみようかなーという気持ちで、入ってみました。

これまでの活動を思い起こしてみると、選書ツアーや他大学の図書館見学に行ったり、展示作業を行ったりと本当に、様々な活動を行ってきたと感じます。

選書ツアーは毎回自由に読みたい本を選んでいましたね・・・大きい本屋さんで好きな様に本を選べて、面白い本の出会いもあり、楽しかったです。あと毎回選書ツアー終了後にお茶しながら、選書ツアーの感想や本についておしゃべりする回があり、そちらも楽しみの1つでした

ミーティングや展示作業、読書会では委員同士で読書やそれ以外の話題も含めて色々な話ができたのが楽しかったです。

展示作業では毎回工夫を凝らした飾りづくりを行い・・・段々委員の飾りづくり技術が向上していった気がします。

読書マラソン推進委員になったことで、色々な本に興味を持ち、読むようになりました。社大では「4年間で100冊本を読もう!」という読書マラソン活動の目標があるのですが、その目標を達成することができ、個人的に嬉しかったですね~

あとは、日々の活動を通して様々なことを経験できたことも良かったです。

今まで学級委員とか全くやらないで生きてきた人間なのですが・・・読書マラソン推進委員会の委員長となったことで、「委員長だし、しっかりしないとなー!」といった責任感も芽生えたのではないかと思います。

ブログの更新も「ネットは怖い!コワイヨー」という偏見で行ったことが無かったのですが、委員の活動を契機にブログのやり方というものを覚え、記事を書くことが楽しみになりました。

本の紹介を書いたPOPづくりは書けば書く程好きになり・・・毎回いかに趣向を凝らしたものをつくるか、どう面白さを伝えようか等々考えながらつくっていました。大学卒業してもつくったPOP達は図書館に飾られるので、自分のつくったものが残ると思うと嬉しいなあ、と感じますね。

図書館というものに深く関わることもでき、この委員会での活動をきっかけに卒業論文のテーマも「図書館」になりました。自分の経験と繋がりのあるテーマについて、とことん調べて、途中途中で大変な時もありましたが全体的に最後まで楽しく卒論を書くことができたのではないかと思います。

そして・・・委員会の活動を通して委員や職員さん始め色々な方と知り合い、たくさんの本と出会えたことが何とも嬉しいことです。こんな活動しながら、あんな話をしたなあ・・・あの人は本についてこんなことを語っていたなあ・・・なんていつか本を読みながら思い出すかもしれません。

急にこんなことを言い出すのも妙ですが、本は本当に面白いものです。

読むことで知識も世界も広がったり、本の中の世界に入り込む気分になったり、同じ本を読んだ者同士で繋がることが出来たり、本を読んで過去のことを思い出したり未来のことを想像したり、ある1冊の本に関してそれぞれ思い出話があったり・・・本は面白い。

本や読書に触れる度に、きっと読書マラソン推進委員会での活動を思い出すことでしょう。

これからも、今まで以上にたくさん本を読んでいきたいですね。読む以外にも、本の紹介をしたり、自分でも物語を書いたり、本に登場した場所を訪ねて回ったり等々本に関する生活を送りたい。

以上、送別会の感想やら読書マラソン推進委員会の思い出等徒然と書き綴ったものでした。だいぶ長文になってしまいましたね。

社大の読書マラソン推進委員会もどんどん受け継がれながら、これからも続いていくと嬉しいです。4月になれば新1年生も入学してきますし、新しいメンバーを加えながらさらに活動が発展していくと良いですね!

2013年12月20日 (金)

12月16日、18日ミーティング&特設展示&読書マラソンコーナー模様替え

16日、18日のミーティングの時間に、前々から挙がっておりました特設展示を完成させました。

Tenji_1_2


委員のおすすめ本と冬に読みたい、冬に関する本の2つのコーナーを設けました。

委員が作ったポップも展示されています。

~こんな本が展示されています!~

委員のおすすめ本・・・「猫の教科書」「夜は短し歩けよ乙女」「人外境ファンタジー」「ツレがうつになりまして。」「世界ニホン誤博覧会」「僕のミステリな日常」など

冬に読みたい、冬に関する本・・・「青空の卵」「宙の名前」「サンタクロースの大旅行」など

そして、もう一つ。

3階の読書マラソンコーナーもクリスマス風に模様替えされています。

Tenji_5


Tenji_4


Tenji_3


輪飾りを使って、にぎやかなクリスマスパーティーの様にしてみました!

サンタクロースや、トナカイ、リースなどの飾りですっかり気分はクリスマスです。

そういえば・・・大学は明日土曜日の授業を最後に、冬休みに入ります。

もう冬休みかー。早いなあ。後期の授業はあっという間に過ぎ去りますね。

2013年12月15日 (日)

12月9日 ミーティングを行いました!

こんにちは、読書マラソン推進委員の光です。

だいぶ遅くなりましたが、先週のミーティングの報告です。

16日のミーティングで2階に新しい企画展示本棚を作ることに前回決まりました!

それにあたり、9日のミーティングでは本棚にくっつける看板作りを行いました。

・・・・・・・

先週は、4年生の卒業論文口述試験、3年生の実習報告会があったため、水曜日のミーティングは行いませんでした。

私は4年生なので、卒業論文口述試験に参加しました。無事に卒業論文を書き終えることができて、今は一安心しています。ただ、社会福祉士国家試験というもう一つの大きな山が1月後半には待ち構えているので、まだまだ気が抜けないです!

社会福祉士国家試験、頑張るぞー!おー!

図書館には国家試験の過去問も置かれているので、そちらも利用しながら勉強しても良さそうです。

2013年12月 3日 (火)

読書会コーナー

こんにちは、読書マラソン推進委員の光です。

先日図書館3階につくった、読書会コーナーの様子をちょっとだけ紹介します。

Dokusyokai


こんな感じで、とってもカラフルです。

個人的に、昔NHKでやっていたアリスSOSのオープニングを思い出します。(このネタ、わかる人いますかねえ~・・・)

読書会で紹介された本がPOPと共に展示されています。図書館内に無い本はPOPのみの展示になりますが、書店や外部の図書館で借りられるものなので、興味を持った本は是非探して読んでみて下さい!

この画像は先週撮ったもので本が展示されている様子がわかりますが、昨日このコーナーを見てみたら4冊中3冊が貸し出しになっていました。

コーナーを作った側としては、嬉しい限りです。

ちなみに、私は星新一・訳の「竹取物語」を紹介したのですが・・・竹取物語つながりで先週ジブリの最新映画「かぐや姫の物語」を観に行ってきました。

日本画がそのまま動き出したような画面に驚かされました。かぐや姫が桜の木の下でくるくる笑いながらはしゃぐシーンがあったのですが、ひらひらと桜が舞っていて、とても綺麗で印象的でした。

お話の方は、まさしく一人の人間としてのかぐや姫の物語なのだなあ、と感じさせる内容でした。

「かぐや姫の物語」の映画を観る前、または観た後に本の「竹取物語」を読んでみても、面白いと思います。図書館内に配架されているので、是非読んでみて下さいね。

12月2日 ミーティングを行いました

12月が始まりました。

ミーティングでも、「もう12月だね~」「11月があっという間に過ぎて行った・・・」なんて話がされました。

昨日のミーティングの報告です。

・2階のカウンター横にあるe-ポートフォリオ本棚を冬休みに入る前にリニューアルします。

委員のおすすめ本と冬に読みたい、冬に関する本を展示します。

委員のおすすめ本3冊&冬に読みたい、冬に関する本2冊の合計5冊をそれぞれの委員が選んでくることとなっています。

POPも展示する予定なので、お楽しみに!

12月16日から展示予定です(*^-^)

・先週に引き続き、季節に合わせた飾りづくりを行いました。

2013年11月22日 (金)

11月18日 ミーティングを行いました&読書会コーナーを作りました

11月18日のミーティングの際、委員で図書館3階に読書会特別展示コーナーをつくりました。

読書会で紹介した本と委員手作りのポップが展示されています。

ポップは力作ぞろいです!本だけでなく、ポップにも注目してくださいね~

宣伝しておいてなんですが、コーナーの写真を撮り忘れてしまいました・・・今度図書館に行った際に撮ってきて、あとでブログにもアップします。

今現在図書館3階は秋っぽい飾り付けがなされていますが・・・そろそろクリスマスなどがテーマの冬らしい飾り付けに変えようかと、委員でも話が持ち上がっています。

昨年はきらきらのモールで壁にツリーをつくりました。今年はどんなクリスマスの飾りをつくろうかな・・・なんて考えています。

«11月11日 ミーティングを行いました